看護師に必要な3つの専門スキル

看護師には医療現場で自ら考え行動し、あらゆるケースに適切に対処する能力が求められています。
豊かな人間性や倫理観、優れた専門技術を兼ね備えた看護師が求められているのです。
では、看護師に必要な専門スキルとは、具体的に何を指すのでしょう。
それは、「テクニカルスキル」と「コンセプチュアルスキル」と「ヒューマンスキル」です。

テクニカルスキルは、看護師としての専門的技術そのものです。
技術とは医学的・看護的な技術だけではなく、患者の心に寄り添う能力や患者と会話する能力も含まれます。
コンセプチュアルスキルとは、問題に気付き、解決して改善に導く能力です。
患者の症状から、緊急に対処するべきなのか、そうでないのかを的確に判断する大事な能力を指します。
高い洞察力や、思考・判断する能力も、看護師には求められているのです。
ヒューマンスキルはコミュニケーション能力のことを指し、「ノンテクニカルスキル」とも呼ばれています。
患者や医療スタッフとの間に良好な人間関係を築くことは、チーム医療の一員として求められている専門スキルの1つです。

テクニカルスキルは、ヒューマンスキルの対比的な言葉として使われてきました。
ヒューマンスキルは、臨床現場において、テクニカルスキルを補完する重要な役割を果たしています。
医療事故の過半数が、技術的でない要素が起因していると言われています。
3つの専門スキルが調和して初めて、医療技術の向上や医療事故の防止につながっています。